ミズノワの電気通信 ピカリ!

ミズノワの電気通信 ピカリ!

企業インタビュー001 株式会社中央鍛工所 

  • 企業インタビュー
  • 2019.12.19

■はじめに

受電設備を維持管理する需要家(受電設備の設置者)は、本当に数が多く、全国で85万件以上となります。
(H30年経済産業省統計:高圧受電設備対象)

今回、当社ミズノワへ保安点検先のご相談を頂いた (株)中央鍛工所 様は、どういった経緯で、外部委託先の電気主任技術者を切り替えしようと思ったのか。
今までの電気主任技術者に、どういった不満を抱えておられたのか。
そして、受電設備を維持管理する中央鍛工所様とは、どのような会社なのか。

お聞きすればするほど、貴重な情報や考え方をお聞きすることができました。

ミズノワは、保安管理や電気工事のお手伝いをさせて頂いた企業様を中心に受電設備・電気主任技術者のこと、対象企業様の展望や業界の問題点にフォーカスを当て、多くの方に情報をお伝えさせていただきたく思います。

電気設備業界を中心とした唯一のメディアとして走り続けられるよう、今後とも応援を宜しくお願い致します。







企業インタビュー 001

株式会社中央鍛工所

~大型部品の鍛造メーカーとして
50年以上も高い技術レベルを提供し続ける会社~



「鍛造」

タンゾウって、いったい何?

■鍛造、とは?

「鍛造」それは、刀鍛冶をしている場面を思い起こせばイメージが湧きやすいかもしれません。
鉄を叩き、形を変え、強度を高める製造方法。
そうすることで、硬さや引っ張り強さが改善され鍛えられます。
また、目的の形に整形できることから、現在では機械加工を省略でき、材料の削減へ繋がるメリットがあるのです。

■起源

実は、日本でそれが始まったのは石器時代~弥生時代。
そこから鋤や鍬などの農具や日本刀、鉄砲などが作られてきました。
今は機械部品を造ることが多い鍛造業界。

そんな鍛造を東大阪で行う(株)中央鍛工所さんへ、電気主任技術者の外部委託契約の手続きサービスに、伺わせて頂きました。


藤井代表の父親は刀鍛冶をされていました。

その影響もあり小学校からモノづくりが好きだった当時の藤井青年は、学校卒業後に東京へ行き、鉄を扱う工場に修行へ出ました。
色んな技術を見ようと2年でその数20社以上をまわったとのことです。
そこで見た鉄への魅力の数々。

「焼けた鉄を見るのが好き」
「鉄の塊が3mも伸びるんや」

と楽しそうに語っておられ、こちらも鍛造の魅力にどんどん引き込まれる思いでした。

■中央鍛工所の強み

そんな藤井代表が率いる中央鍛工所
強みや特色を尋ねると、開口一番にたった一言、強い口調でお答えになられました。

それは、

「何でもできること」

事前にホームページも拝見させていただいたうえで伺ったのですが、業界的に多くの情報を出さない企業も多い中、中央鍛工所様は分かりやすく

・鍛造とは何かの説明
・鍛造の種類についての解説
・自社の強みとしての技術

を、惜しみなく情報発信されています。
(鉄の塊が大きな機械によってグニャリと形を変えていく様は、まさに必見です。)

https://www.chuoh-tanko.co.jp/blank-2

金型の形に造る「型鍛造」
材料を平らな工具でつぶして加工する「自由鍛造」
リング形状部品の代表的な製造方法の「ローリング鍛造」

中央鍛工所は鍛造の手法として、この3つを取り扱える数少ない会社です。しかも、扱う材料は鉄だけでなく銅や真鍮、アルミにステンレスなど様々な材質も鍛造が可能。
そのため

他社で断られるような仕事をいくつも請け負っている」

とのことでした。

■鍛造したものが、どのような商品になっているの?

今まで作ってきた製品は数知れず。

例えば建設現場で用いられる機械部品。
ビルのコンクリートなどを掴んで砕けさせる機械(圧砕機)やショベルカーのような土砂を掘る機械(掘削機)の部品。
ショベルに取り付けて上下動く仕組みの機械(油圧ブレーカー)のシリンダー(円筒形の容器)。
他にもテレビメディアに取材も受けた大型ナットなど。

本当に鍛造であればどんな製品も生み出すことができます。

■今後の展望

藤井代表は、今後の会社として必要になることは

「会社員全員が、意識を改革していくことだ」

と先を見据えて語って下さいました。

「急成長する中国やベトナム、インドネシアの人たちは、強いハングリー精神を持ち、技術を付けるためや、営業力の向上に、とても真剣に仕事へ向き合っている。
吸収力も違う。
日本、我々も負けないように、あぐらをかいていてはいけない。
全員が本気ですることが大事だ。
真剣にやって、ようやく知恵が出る。
それを繰り返して『いいもの』ができる。
適当にやっても出るのは言い訳と愚痴ぐらいだからね」

真剣に、考えること

そういった機会を発する場、考えさせる場として、会社でも毎朝10分のミーティングをしておられるとのこと。

「毎日の積み重ねが大切。技術も一緒」

と語られた。
代表が話される言葉だからこそ、重く響いたその言葉に、今まで見てこられた景色の厚みや、想いの深さを強く感じました。






■電気主任技術者を変更しようと思われた理由

ところで、どうして電気主任技術者を変えようと思われたのですか?

その答をお聞きしたとき、これは決して中央鍛工所様に限った話ではないと感じました。
それは、

・技術者さんとのコミュニケーション不足
・保安管理料金の値上げ

でした。

■説明も無く上がった10%の保安料

10月から消費税があがったため、それぞれ経費の確認をしていた際、たまたま保安料がまるまる10%上がっていることに気が付いた、と言います。

「消費税が2%分上がるのは分かるが、なぜ9月に比べて10%も料金が上がっているのか」

疑問に思った中央鍛工所様が、技術者に連絡を取り、初めて現状料金では継続が難しい、今までは企業努力で税込み料金にしていたが、消費税分を今後は払って欲しい、とさも当たり前のように説明を受けたとの事です。

消費税があがったことの値上げは仕方ないが、保安費用の値上げが何の説明もなしにいきなり請求されること(請求書には協会からの消費税法改正のお知らせが同封されていただけ)や、日々の点検においても報告やコミュニケーションが乏しいことから、信頼関係が無くなったため、と仰っておられました。

これは私個人の見解ですが、技術者と設置者様とでは、日ごろからコミュニケーションが取れる関係が、一番の設備保全に繋がることだと思います。

弊社は、大手保安法人から個々の技術者まで幅広く営業代行をしているので、お客様に成り代わり技術者に話が出来ることもあり、その点もご安心を頂けたのかなと、感じている次第です。

■今まで受電設備の維持管理について、意識されたことがありますか?

藤井代表は正直な気持ちとして、

・保安業界って何で必要なの?電力会社が月1回点検するべきではないの?
・天下りみたいな老人が来てるのも、いい気がしない。
・ちょこちょこってして、帰るだけのイメージがあるよ。

と本音をお聞き出来ました。

実は私、こういったお声を聞くのが全然初めてではなく、保安法人の営業を担っていた頃にも同じお声を聞いていたことでした。

水島からは、たくさん電気を使う施設になると、電力会社側は電気代単価を企業用(高圧単価)として安くする代わりに、受電設備の維持管理をお客様にゆだねることになった背景、それが日本の経済を成長させることにもなったことや、電気保安が無いと、機器の劣化や異常というものは目に見えないため、大きな事故にも繋がり、長時間の停電事故に繋がることがあるなど、ご説明をさせて頂きました。

「大口(企業用)になれば、そっちのほうが上顧客なのだから、なおさら電力会社が点検したらよいのにな」と仰っておられたのも、なるほどそこは確かに経営者としての目線で率直に感じられたことなのかもしれません。

■最後に

今回、受電設備それぞれの役割や、更新を優先すべき機器、後回しにしても良い機器など、ご説明をさせていただき、深くお礼の声をいただけました。
受電設備を管理されるお客様は、その多くが設備について知識や情報が、行き及んでおりません。
こうした情報発信を続けていくことで、少しでも、受電設備についての理解や、電気主任技術者の必要性、コミュニケーションが取れるきっかけを生み出せるよう、これからも情報発信を続けて参ります。

また、今回当社を通して電気保安業務の変更をされた中央鍛工所様が、電気通信ピカリ⚡の記事をご覧になった方と新たな出会いが生まれれば非常に嬉しい限りです。
引き続き今後も今まで以上にご活躍されますことを、心からお祈り申し上げます。






株式会社ミズノワ

電気業界に特化したCAFÉ カフェジカ東大阪を運営
「電気通信ピカリ⚡」では、弊社で受電設備に対しての
お仕事をご一緒させて頂いたお客様などを中心に
企業インタビューもさせて頂いております。
TEL:06-6743-6361 info@mizunowa.jp
取材内容に興味のある方は当社までご連絡下さいませ。